Shinkawa

新川真代

「”「できる」ことは何か?”から、”どう「ありたいか」へ。 ” 「できる」ことを増やすことも大切ですが、変化が激しいこれからの世の中、この問いの答えを考えることが重要になってくると考えています。 私自身ずっと模索していますが、「できる」ことをもって、まずは、興味持った世界、それも本業とは異なる世界に飛び込んでみることをオススメします!」

 

 

1、本業について

中堅・中小企業を中心に、企業再生支援(財務・事業デューデリジェンス、計画策定支援)、バリュエーション、経営顧問業務などに従事しています。

 

2、AFCでやっていること

事務局長として、AFCの運営全般を行っています。 全員ボランティアの団体のため、ITツールなどを使いながら、いかに効率化を図って意思決定や活動に専念できる環境にできるか、を考えながら運営を行っています。

 

3、AFCに参加したきっかけ

前職で監査業務に従事していましたが、会計という専門領域をどのように生かすことができるのだろう、新たな思考を取り入れていくことが必要では。と模索していたところ、プロボノを知りました。 そこで、実際にプロボノ会計士として活動している人達が集まっており、会計士の多様性に刺激を受けて、AFCに参画しました。

 

4、プロボノ経験

  • World in Tohoku開催のボード向けワークショップの企画・講師
  • その他、スポットにて損益計画策定、資金繰り計画策定時における助言等

 

5、プロボノやAFCをやっててよかったー!と思う事

自分の中の軸を複数形成することができていること。 特に、思考の面において、それを実感します。 本業だけでは出会わない多様な方たちと出会えること、一緒に何か取り組むことで、普段から物事を捉える・何か取り組むことに対して、思考の軸が増えたことは、世界観を広げてくれています。

 

6、将来のビジョン

思考のイノベーションを生み出していきたいです。会計×デザイン etc..

 

7、好きな言葉

Cool Head,but Warm Heart.

 

8、プロボノやAFCに興味がある方へのメッセージ

”「できる」ことは何か?”から、”どう「ありたいか」へ。” 「できる」ことを増やすことも大切ですが、変化が激しいこれからの世の中、この問いの答えを考えることが重要になってくると考えています。 私自身ずっと模索していますが、「できる」ことをもって、まずは、興味持った世界、それも本業とは異なる世界に飛び込んでみることをオススメします!